お知らせ

RPAによる業務自動化実証の共同研究を開始

2018年11月14日

新潟県(知事:花角 英世)と株式会社BSNアイネット(本社:新潟市、代表取締役社長:梅津 雅之)は、新潟県庁働き方改革の具体的な取り組みとして、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)技術による業務自動化の検証を開始します。

新潟県では「新潟県庁働き方改革プロジェクトチーム」を立ち上げ、県庁全体の働き方改革の取組を加速化し進めることとしており、先般、「新潟県庁働き方改革行動計画」を策定・公表しました。当行動計画の中で「AI・RPA技術の活用」が示されており、定型業務の省力化を目指すこととなっております。

今回、株式会社BSNアイネットは技術面での支援とRPA導入の実績を活用し、新潟県との共同研究として「RPA技術による業務自動化の検証」を行うこととなりました。

今後、検証対象業務を選定して自動化実証を開始し、結果分析・効果測定など進めていく予定です。

以上